MACRO-EHP SERIES

 

MACRO-EHP SERIES

あらゆる有機性廃棄物を安全・確実に
処理する亜臨界処理装置

亜臨界処理とは

高圧の環境下の亜臨界水域における加水分解作用によって、短時間で有機物を分解します。
医療系廃棄物を安全且つ効率よく処理します。私たちは世界が抱える廃棄物の課題を解決し、環境・食・農業に貢献します。

 

Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

亜臨界水域とは

水は、常温、大気圧下では液体であり、大気圧下(1 気圧) 100°Cで沸騰し気体になります。
しかし、圧力 22MPa(約 220 気圧)、温度が 374°Cの臨界点 を越えると液体でも気体でもない状態になり、超臨界水の 状態になります。
この臨界点の手前の近傍域を亜臨界水域といいます。

 

加水分解作用とは

水は、常温常圧でも水分子の衝突により電離しています。 温度の上昇によって水分子の衝突頻度が上がり、電離が 進みます。この電離によって水酸化物イオン(OH-)が 発生しますが、臨界水ではその濃度が非常に高くなります。
この水酸化物イオンがタンパク質のペプチド結合を加水分 解してアミノ酸を生成させます。 脂質や糖質も同様のメカニズムでそれぞれ脂肪酸やグルコ ースに加水分解されます。

MACRO-EHP SERIES

 

▲MACRO-EHPで処理した生成物

高温・高圧処理した生成物の特性
  1. 有機物がアミノ酸、ブドウ糖、脂肪酸、ミネラル等が細かく分解されます。
  2. 処理機は密閉状態のため運転中はもちろん、生成物も嫌な臭気がありません。
  3. 動植物自体の免疫力が上がり、害虫や雑菌の繁殖が抑えられ、生産効率があがります。
  4. 高温・高圧処理により無菌化され、鳥インフルエンザ等のウイルスも完全に死滅、無害化します。
  5. 処理する物や方法によっては飼料化、燃料化も可能です。
●完全無菌の生成物は安全な循環資源に!
●省エネで高いコストパフォーマンスを実現!

 

処理工程